フリーの立場でのプログラマーの役割

ソフトウェア開発の主力となるのが、プログラミング技術者である。ソフトウェアは、プログラミング言語を用いたコードで構成されているため、プログラミング言語を理解し、目的のために使いこなすことができる専門技術者が不可欠となる。またプログラミング技術者は、ソフトウェア開発会社に属するだけでなく、独立してフリーとしての働き方も行うことができる。会社に属さずに自由な立場でソフトウェア開発に関わるプログラマの役割としては、ソフトウェア開発のサポートや、あるいは高度な実力を活かした開発の方法がある。ソフトウェアの開発が大きな規模になり、多数の開発者がソフトウェア開発に関わることが多くなった。

しかし、当初予定していたソフトウェア開発のスタッフでは、人手が足りなくなるといった問題も生じる。またあるいは、開発当初から開発スタッフの補強として、フリーのプログラマーを起用することもある。また、独立して活動しているソフトウェア開発者の中には、実力に強い自信があるからこそ、自由なスタイルで働いているという技術者も存在する。実力主義のソフトウェア開発技術者としては、企業が必要とするような高い水準での開発能力さえあれば、たとえ組織に属していなくとも、安定して高い報酬を得ることが可能である。ソフトウェア開発の重要なコアの部分を担当する仕事に、実力あるフリーのソフトウェア開発者が中心的役割を果たすようなことがある。